車関係

車のバッテリー上がりの症状や劣化原因は?エンジンかけっぱなしは影響ある?

車のバッテリーが上がって困ったことありませんか?

ぼくの車はバッテリーが弱っていて最近よく上がります(^^;

 

今回はバッテリー上がりの症状や劣化原因、エンジンをかけっぱなしにしたときの影響などをまとめました!

ぜひ参考にしてください(^^)



バッテリー上がりとは

バッテリー上がりとは、バッテリーの電気が不足している状態のことを言います。

車を動かすだけのエネルギーが足りなくなってしまっている状態ですね。

 

バッテリーはエンジンがかかっているときにオルタネーター(発電機)から供給される電気を蓄えています。

その電気をエアコンやライト、ナビ、オーディオなどに利用しているんです。

 

そして、バッテリーが上がると、電気量が足りないためエンジンの始動すらできない状態になってしまいます。

 

バッテリー上がりの症状

バッテリーが上がると、「おかしいな」と感じる症状が現れます。

 

エンジンがかからない、かかりが悪いというのはわかりやすいですね。

普段よりもかかりが悪く、音が弱々しい場合にはバッテリー上がりが近いかもしれません。

 

他には、電装品が動かない、普段よりも弱いといったことが挙げられます。

ライト類がいつもより暗かったり、オーディオや電装シートが動かなかったりですね。

 

いずれにしても違和感を感じる症状が現れます。

 

バッテリー上がりの原因

バッテリー上がりの原因としては、「電力の使い過ぎ」「電力の供給が足りない」場合があります。

ここからは、よくあるバッテリー上がりの原因を挙げていきます。

 

ライト類の消し忘れ

ライトの消し忘れ。これが1番多いのではないでしょうか。

 

エンジンが止まっているときはオルタネーターからバッテリーに電気が供給されていません。つまり、バッテリーに蓄えられた電気のみでライトがついているわけです。

だからライトを消し忘れたままにしておくとバッテリーが上がるんですね。

 

最近の車はヘッドライトを消し忘れると「ピーーッ!」と音で知らせてくれますが、古い車だとつけっぱなしにしてしまうことがちょいちょいあります。

 

ヘッドライトよりも多いのは、室内灯の消し忘れです。

半ドアなんかでも室内灯がつきますね。

 

室内灯は消費電力が少ないため、つけっぱなしでもすぐにバッテリーが上がることはないと思われます。

しかし、外出から帰ってきて自宅でつけっぱなしにしてしまう例もあります。自宅だと出かける用事がなければ長時間気づかない場合もあるでしょう。

 

長時間つけっぱなしにしていればバッテリーの電力が足りなくなるのは当たり前。

ライト類の消し忘れには気をつけましょう。

 

電装品の使い過ぎ

エアコンやオーディオなど、電装品の使い過ぎ。

バッテリーに蓄えられている電気量より多く電力を使用すればバッテリー上がりの原因になります。中でもエアコンは最も電力を消費するともいわれています。

 

特に充電のされていないエンジン停止中はお気を付けください。

 

自然放電

バッテリーは何も使っていなくても少しずつ放電しています。

この放電は、オーディオや時計、カーナビ等のバックアップ電源として消費されているものです。

 

もしバックアップ電源がなかったら、車に乗るたびに時計やナビの設定をしなければならなくなります。非常に手間がかかりますね(^^;

 

通常は車を使用すれば充電されるので問題ありませんが、極端に車の使用頻度が少ないと充電が足りず、バッテリーが上がる原因になります。

月に1~2回しか乗らないといったような方は要注意です。

 

用事がなくとも、たまにはエンジンをかけて30分程度走らせてあげるといいですね(^^)

 

寿命

バッテリーが寿命を迎えている場合です。

寿命を全うしたバッテリーは電気を蓄えていられなくなります。

 

大体2~3年が寿命といわれていますが、個人的にはもっと持つような気がします。

これは車の使用頻度や乗り方に大きく影響されるでしょう。

例えば、「月1回しか乗らない上に短距離の走行」ならバッテリー上がりが起きやすくなり、バッテリーの寿命を短くすることにつながりかねません。

 

ぼくの場合はもう5年くらいになるので、バッテリー上がりの原因は寿命でしょうね…(;^ω^)

 

バッテリーの劣化原因

バッテリーの劣化原因は、主に充電不足放電過多です。バッテリー上がりの原因と同じですね。

  • 車に乗る頻度が少ない(充電不足)
  • 乗る距離がいつも短い(充電不足)
  • ほとんど夜間に乗っている(放電過多)

例として上記で挙げたような充電不足、放電過多が頻繁に続くとバッテリー劣化の原因となります。

また、バッテリー上がりを起こした状態で放置しておくと劣化が早まるようなのでご注意ください。

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

車に乗る頻度が少ない

車に乗る頻度が少ないと満足に充電がされないため、バッテリー劣化の原因となります。

 

バッテリー上がりの原因でも触れましたが、月に1~2回しか乗らないといった方は注意が必要です。少なくとも週1回、30分~1時間程度走らせてあげることをおすすめします。

 

乗る距離がいつも短い

たとえ毎日乗っていたとしても、毎回乗る距離が短かったら充電が足りません。

 

車はエンジン始動時にもバッテリーの電力を消費します。近くのスーパーに行くだけで5分程度しか乗らないなど、乗る距離が短すぎると、エンジン始動時に消費した電力を充電できません。

たまには10分以上かかる場所に行くなど、少し距離を走ってあげましょう。

 

ほとんど夜間に乗っている

夜間はライト類を使用するので、昼間よりも消費電力が大きいです。その分バッテリーを使っているので、放電過多になりやすく、劣化の原因になります。

 

消費より充電の方が多くなるように距離を走っていれば問題ないですが、夜間にしか乗らない+短距離だと影響があるといえるでしょう。

 

エンジンかけっぱなしはバッテリーに影響ある?

ここまで読んだ方は「エンジンをかけていればバッテリーは充電されるんでしょ?」と思っていますよね。

 

しかし!

 

エンジンかけっぱなしでもバッテリーが上がることはあるんです!

 

充電量よりも消費量が多くなれば、バッテリーに蓄えられている電力は減っていきます。

エンジンをかけっぱなしにしていても、エアコンやライト、オーディオ等の電装品をフル活用している場合は充電量が足りなくなり、バッテリー上がりを起こすことがあります。

 

すぐに充電できればダメージは少なく済みますが、上がったまま放置するとバッテリー劣化の原因に。

普段あまり乗らない方は電装品の使い方にも気をつけたほうがよさそうですね(^^;

 

車のバッテリー上がりの症状や劣化原因に関するまとめ

車のバッテリー上がりの症状や劣化原因、エンジンかけっぱなしの影響を見ていきました。

 

バッテリー上がりは多くのオーナーが経験している身近なトラブルです。

バッテリー上がりの原因や症状を理解し、突然上がらないよう普段から気をつけましょう。

 

 

おしまい。



-車関係

Copyright© nikoじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.