政治・ニュース

GSOMIAを破棄するとどうなる?日本への影響や韓国・アメリカの反応まとめ!

韓国が日本との「軍事情報に関する包括保護協定(GSOMIA)」を破棄すると発表したことが話題になっていますね。

 

この「GSOMIA」ですが、破棄されるとどうなるのかよくわからないですよね^^;

 

そこで今回は、GSOMIAを破棄するとどうなるのか、日本への影響や韓国・アメリカの反応をまとめてみました!

ぜひ見ていってください(^^)

 



GSOMIA(軍事情報に関する包括保護協定)とは

GSOMIAとは、「General Security of Military Information Agreement」の頭文字を結んだものです。

 

…よくわかんないので日本語訳してみましょう。

日本語だと、「軍事情報に関する包括保護協定」です!

 

…わー。結局難しい言葉だっ。

政治って難しい言い回しが多くて嫌ねぇ(・-・;)

 

つまり、同盟など、親しい関係にある国同士が秘密軍事情報を提供するときに、他の国に情報漏えいしないように結ぶ協定です。

 

少し簡単にいうと、「お互いに軍事情報を共有しましょう!でも他の人には秘密だよ?」ってことですね。

 

日本はこの協定をアメリカやイギリス、フランス、NATO(北大西洋条約機構)などと結んでいます。

 

そしてなぜ今急に騒がれているのかというと、この協定は有効期間が1年間なんですね。

 

毎年自動的に更新されるのですが、終了の意思を通告する場合は、期限の90日前までに言わなければならないというルールがあるのです。

 

日本が韓国とGSOMIAを締結したのは2016年の11月23日。

90日前だと、8月24日が通告の期限に!

 

この期限を間近にした8月22日に、韓国が日本とのGSOMIAを破棄するというニュースが飛び込んできたんだから、日本もビックリです。



日韓がGSOMIAを締結したのはアメリカがいたから?

そもそも日本が韓国とGSOMIAを結んでいたのはなぜなのか、調べてみました。

 

すると、日韓でGSOMIAを結んだ経緯にはアメリカが大きく関わっていたことがわかりました。

 

北朝鮮の動向に対して、「日・米・韓が密に連携を取る必要がある」とアメリカが主導して締結したそうなんです。

 

日本と韓国が自発的に約束したわけではないんですね~。

 

例えるなら、仲があまりよくない人同士が共通の友達によってつながっているような感じでしょうか。

そんな希薄なつながりなら破棄されても仕方ないのかもしれませんね。

 

GSOMIAが破棄されると日本へはどんな影響がある?

日韓のGSOMIAが破棄されると日本にはどんな影響があるのでしょうか。

 

日韓のGSOMIAのメリットは、主に「北朝鮮の脅威に対しての機密情報をやりとりすること」だったようです。

 

GSOMIAがあると、例えば北朝鮮がミサイルを発射した際に、同じ朝鮮半島で監視している韓国が捉えた情報を日本も得ることができました。

 

ということは、GSOMIAが破棄されると、日本は北朝鮮のミサイル発射に気づくのが遅れる可能性があるということです。

これは困りますね(><)

 

ただ、元海上自衛隊の海将で各国軍との情報共有にくわしい伊藤俊幸氏は、「GSOMIAのメリットは、韓国の方がより多い」、「北朝鮮が発射するミサイルの着弾点や高度、飛行距離などを分析する技術は、日本の方が高いから」と話しているそうです。

→3分でわかるキーワード 日韓どうなる「GSOMIA」(https://www.fnn.jp/posts/00422795CX/201908221807_CX_CX)

 

上記の発言を鑑みると、日本にとっては影響は少なそうです。

 

実際、北朝鮮がミサイルを発射した時、韓国は当初飛距離690kmと発表しましたが、日本の情報から600kmに修正したことがあります。

破棄する影響は韓国の方が大きいようですね。

 

しかも、もともとアメリカ主導で締結していたとのことなので、今回の破棄決定はアメリカがお怒りになるのではないでしょうか。

日米との連携を拒否したことになるわけですからね。

 

国同士の争い、怖い…。

これから日・米・韓の関係がどうなるのか、注目ですね。



GSOMIA破棄に対する各国の反応

ここからはGSOMIA破棄に対する各国の反応を見ていきましょう!

 

※随時追記していきます。

GSOMIA破棄に対する日本の反応

まずは日本の反応からです。

 

 

 

 

 

 

GSOMIA破棄に対する韓国の反応

次は韓国の反応です。

概ねGSOMIA破棄に賛同しているコメントが多いですね。

 

★日本語訳です。

韓日軍事情報保護協定破棄..よくなりました。国民の一人として、絶対的に支持します。戦いは、国民がします。トウェジャ一味清算!

 

★日本語訳です。

戦争犯罪を否定し賠償を拒否している非常識な日本の韓国国民の自発的であり、強力な日本製品不買と訪問拒否運動は、日韓の軍事情報保護協定破棄の導火線となった。国民の激しい破棄要求に応じ結果として、日本政府の非常識に対する国民の怒りを意味し、当然の結果だ

 

GSOMIA破棄に対するアメリカの反応

最後にアメリカの反応です。

 

★日本語訳です。

なぜ彼らはGSOMIAの取り消しが政治的に日本に損害を与えると信じることができるのでしょうか?彼らが得ることができるのは、安全保障に関する日本、韓国、米国の三国間協力を破壊したという評判だけです。日本の反朝鮮人はこの判決を祝って飲んでいます。ナンセンス。

 

★日本語訳です。

韓国は日本との軍事情報共有協定を終了していると、ブルーハウスは発表し、ホワイトリストから韓国を除外することは「両国間の安全保障協力環境に大きな変化を引き起こした」と述べた。

 

 

アメリカは韓国に対し、異例となる強い失望を表明しました。

韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めたと発表したことについて、アメリカ政府は韓国政府に対し、強い懸念と失望を表明しました。アメリカが同盟国に対し強い失望を表明するのは極めて異例です。

出典:NHK NEWS WEB

 

アメリカ国防総省は、「われわれは可能なかぎり、日本と韓国の2国間、およびアメリカを含む3か国間の安全保障協力を追求し続ける」として、日米韓3か国の安全保障面での連携の維持に努める考えを強調しました。

 

アメリカは北朝鮮問題などに対処するうえで、日米韓3か国の連携が欠かせないとの立場で、GSOMIAはその鍵になると位置づけています。

このまま破棄になると、「日本、アメリカ VS 韓国、北朝鮮」の構図になるやもしれませんね。

 

GSOMIAを破棄するとどうなる?日本への影響や韓国・アメリカの反応に関するまとめ

今回はGSOMIAを破棄するとどうなるのか、日本への影響や韓国・アメリカの反応について見ていきました。

 

今後の日・米・韓の動きがどうなるのか、ニュースに注目ですね。

 

 

おしまい。



-政治・ニュース

Copyright© nikoじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.