エンタメ

消し好きキスシーンは何話にある?原作ネタバレでは大学時代が初めて?

消し好き,キスシーン,何話,原作,ネタバレ,

「消しゴムをくれた女子を好きになった。」(消し好き)のドラマにキスシーンがあるのか話題になってますね。

 

原作にはキスシーンがありますが、ドラマで大橋和也さんがキスするのか気になるところです。

 

そこで、消し好きのキスシーンは何話にあるのか、原作ネタバレから予想していきます!

※ネタバレを含みます。

 

この記事に書かれていること

  • 消し好きキスシーンは何話にある?
  • 消し好き原作のキスシーンはヒロインではない?
  • 消し好きキスシーンに対する口コミ

 

消し好きキスシーンは何話にある?

消し好きのキスシーンは「5~6話あたり」と「最終話」の2回あると予想します。

 

予想の理由をそれぞれ見ていきます。

 

キスシーンが「5~6話あたり」と予想した理由

消し好きは中学から13年間の恋の話で、原作では大学時代に初めてのキスシーンがあります。

主人公の初めてのキスなので、ドラマでも大学時代のキスが描かれるでしょう。

 

そしてドラマは全10話で中学~社会人までを描くので、中学・高校時代は4話あたりまでになると思います。

その後、5~6話で大学時代のキスシーンが描かれると予想しました。

 

キスシーンが「最終話」と予想した理由

原作の物語ではキスシーンは大学時代の彼女とのみですが、ドラマでは最終回(10話)でもキスシーンがあると予想しました。

 

最後にプロポーズするシーンがあるので、そこでキスシーンを入れるのではないかと思っています。

 

いろいろなすれ違いを乗り越え、中学生の頃に書いたラブレターを渡してのプロポーズ。

原作にないキスシーンが入る可能性は充分にあるのではないでしょうか。

 

なので、最終回でサトミとのキスシーンがあると予想しました。

 

そもそも大学時代のキスはヒロインのサトミとではありません

13年間の片思いが両思いになるハッピーエンドの話でヒロインとのキスシーンがないとは思えませんよね。

 

消し好き原作のキスシーンはヒロインではない?

原作でのキスシーンは大学時代で、相手は初めて付き合った彼女の「カズミ」でした。

ちなみに、カズミはヒロインではありません

 

ヒロインのサトミは中学の頃に引っ越してしまい、関係はそこまで進んでいなかったのです。

何度か偶然の再会はありますがそんなに上手くいくものではないですよね。

 

そんな中、大学のサークルで知り合うカズミと付き合うことになり、キスなどを経験することになります。

 

片思いから関係がなかなか進まない思春期のリアルさが伝わってくるようです…!

甘酸っぱい恋愛にキュンキュンしますね!

 

消し好きキスシーンに対する口コミ

消し好きのキスシーンに対する口コミを集めました。

 

見たくない人が多いようですね。

 

 

 

 

 

 

 

消し好きキスシーンは何話にある?原作ネタバレでは大学時代が初めて?のまとめ

「消しゴムをくれた女子を好きになった。」(消し好き)のキスシーンが何話にあるかを原作ネタバレから予想していきました。

 

  • 消し好きのキスシーンは「5~6話あたり」と「最終話」の2回と予想
  • 消し好き原作のキスシーンはヒロインではない

 

消し好きは中学からの13年間のリアルな恋愛を描いていて、思春期の気持ちを思い出しながら楽しめる作品です。

 

なかなか進まない関係にやきもきするかもしれませんね。

 

 

-エンタメ

Copyright© nikoじゃーなる , 2022 All Rights Reserved.