芸能・スポーツ

習志野高校の美爆音の読み方や意味は?迷惑やうるさいだけという声も…

習志野高校の美爆音。

どういった読み方でどんな意味があるのか気になりますよね!

 

ぼくは読み方も意味も知らなかったので、調べたことをまとめてみました!

ぼくと同じように気になっていたらぜひ読んでいってくださいね~(^^)

 



習志野高校の美爆音の読み方や意味は?

習志野高校の「美爆音」。

 

読み方は漢字そのままに「びばくおん」です。

 

美爆音の動画があったので貼っておきますね。

 

 

すごい迫力ですね!

体に響くほどの音圧で圧倒されてしまいます。

 

美爆音(びばくおん)の名付け親は前顧問の瀧山智宏教諭とのこと。

 

意味は「美しいと爆音(爆発・爆裂の音)を交ぜた言葉。主に野球の応援の演奏などに使われている」そうです。

 

甲子園の応援といえば、吹奏楽部の美しく力強い演奏が鳴り響く場。

習志野高校の吹奏楽部の演奏には、その美しさに大きな音を組み合わせた迫力で味方チームを鼓舞し、相手チームを威圧する目的があるのかもしれませんね。



美爆音が「迷惑」や「うるさいだけ」という声も…

甲子園会場では圧倒的な迫力を持つ美爆音ですが、「うるさいだけ」という意見もあるようです。

 

2019年の3月28日、対星稜(石川)戦(1-3)で響き渡った美爆音に近隣から苦情が入ったことも。

→甲子園にとどろく「美爆音」 「うるさい」苦情も、習志野高校「今まで通りに応援」(https://www.j-cast.com/2019/03/29353992.html?p=all)

 

迷惑、うるさいと思っているTwitterの声を集めてみました。

 

 

 

少なからず「うるさい」という意見がありますね。

野球に興味のない近隣住民からすれば、美爆音はただの騒音のようです。

 

力任せの割れた音だとうるさく感じるかもしれませんが、習志野高校の演奏は音が割れたり荒れたりという弊害は、ほぼないとのこと。

 

しかし、野球を観戦している人からも「うるさい」という声がある以上、野球にも音楽にも興味がない人からすれば迷惑な騒音に聞こえても仕方がないことなのかもしれませんね。

 

習志野高校の美爆音の読み方や意味は?に関するまとめ

習志野高校の美爆音の読み方や意味について見ていきました。

 

一定数の否定的な声が出るのは仕方ないことかもしれません。

それだけ注目されているからこそ否定的な意見もでるわけなので、習志野高校には勝ち進んで美爆音を響かせていって欲しいところです。

 

 

おしまい。



-芸能・スポーツ

Copyright© nikoじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.