芸能・スポーツ

市川市長『村越祐民』の経歴や父親まとめ!問題の外車「テスラ」の値段は?

市川市長の『村越祐民(むらこしひろたみ)』さんがニュースで話題になっていますね。

 

話題になっているのは高級外車の「テスラ」を公用車にした問題です。

税金で導入する公用車としてはふさわしくないんじゃないか、ということですね。

 

今回は、村越祐民さんの経歴や父親、問題になっているテスラの値段などを、ツイッターや個人のブログを調べてまとめました。

ぜひ見ていってくださいね(^^)

 



「村越祐民」市長のプロフィール・経歴

まずは村越祐民市長のプロフィールと経歴を見ていきましょう。

 

プロフィール

名前:村越祐民(むらこしひろたみ)

生年月日:1974年2月13日(46歳)

出身地:千葉県市川市宮久保

出身高校:市川高等学校

出身大学:青山学院大学 国際政治経済学部

出身大学院:早稲田大学大学院 法学研究科 修士課程(中退)

職業:政治家

所属政党:無所属

 

出身高校の市川高等学校、出身大学の青山学院大学ともに偏差値の高い高学歴の学校です。

偏差値

市川高等学校:偏差値75

青山学院大学:偏差値60~65

 

さすが政治家だけあって頭のいい方のようですね。

 

市長に当選するまでの経歴

次に、村越祐民さんが市川市長になるまでの経歴を見てみましょう。

 

大学院の在学中に民主党千葉県連の候補者公募に合格し、2003年に千葉県議会議員選挙で当選。

 

大学院が中退となっているのは議員に当選したからなんですね。

 

その後数ヶ月で衆議院議員選挙に出馬し、またもや当選。

自民党政権が崩れた2009年の衆議院議員選挙でも当選しています。

 

そして、2012年の野田政権では「外務大臣政務官」に任命。

 

その後は自民党の圧勝で落選。

 

2017年には市川市長選に出馬し、2018年の再選挙を経て市川市長になっています。

 

市長になってからは、社会問題にもなっている待機児童を約半数に減らしたとのこと。

経歴を見るとかなり優秀な方なのではないかと思いますね。

 

村越祐民市長の父親は?

画像は見つからなかったのですが、村越祐民市長の父親である「村越勝」氏は、元市川市議会議員であるとのこと。

 

親子揃って議員なんですね。

やはり優秀です…!

 

問題になっている公用車『テスラ』の値段は?

今回問題になっている公用車『テスラ』の値段ですが、約1100万円とのこと。

さすがは高級電気自動車ですね。

 

 

リース料は月額14万5千円。

リース料を今までの国産の公用車(月額約6万円)と比べると、約8万5千円高いそうです。

 

今までの倍以上になってしまってますね(^^;)

 

会見で、「差額8万5千円は市長の給与を毎月減額する形で負担する」ようにすると発表がありました。

しかし、8年間のリース契約となると任期が終わった後はどうするのでしょうね^^;

 

この問題に関して、ネットの声を集めてみました。

 

 

 

 

 

悪い評判の方が多いですが、中にはいちかわ未来創造会議の一環として導入したのなら良い試みなのではないかとする意見もありました。

 

市川市長『村越祐民』の経歴に関するまとめ

市川市長『村越祐民』さんの経歴や父親、問題になっている外車「テスラ」の値段などについて見ていきました。

 

電気自動車で環境に配慮するというのは良いことな気がしますが、税金で導入するとなると市民が納得できる説明は必要ですね。

 

今後の対応に注目です。

 

 

おしまい。



-芸能・スポーツ

Copyright© nikoじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.