政治・ニュース

一風堂『3400円ラーメン』の中身が気になる!世間の声や感想も集めてみた!

大手ラーメンチェーンの『一風堂』が3400円のラーメンを提供していることが話題になっていますね!

 

ぼくもラーメン好きなので、どんなラーメンなのか興味をそそられます。

 

そこで今回は、一風堂『3400円ラーメン』の中身と食べられる場所、世間の声や感想を集めてみました!

ぜひ見ていってくださいね(^^)

 



一風堂『3400円ラーメン』の中身は?

まずは3400円ラーメンの中身から見ていきましょう!

 

ラーメンは、のり、煮卵、チャーシューなど12種類のトッピングとともに提供される。

トッピングを組み合わせ、自分だけのラーメンを作れるのが特徴だ。麺とスープは一風堂の店舗で提供されているものと基本的には同じものを使用。

また、ホテル内の中華レストラン「ヘイフンテラス」で作ったチャーシューや、ザ・ペニンシュラ香港発祥とされているXO醤で和えたザーサイなどをトッピングに使用し、両者の”いいとこどり”の商品となっている。

出典:ITmedia ビジネスオンライン

 

3400円ラーメンの12種類のトッピングと画像が気になりますね!

 

そんな気になる3400円ラーメンの画像はここからです!

一風堂,3400円ラーメン

 

一風堂,3400円ラーメン,トッピング

 

一風堂,3400円ラーメン,トッピング

 

一風堂,3400円ラーメン,トッピング

 

一風堂,3400円ラーメン

 

美味しそうですね~!

 

ルームサービスということもあり、麺が伸びないようにつけ麺のような形で提供されるとのこと。

確かに、もしルームサービスでラーメン出したら部屋に来たときには伸びてますよね^^;

 

ホテルの部屋で熱々のラーメンが食べられるのは嬉しいです!

 

3400円ラーメンだけでなく、替え玉や半ライスも用意されているそうです!

ラーメン店とほとんど同じサービスが揃っているんですね^^

 

ホテルの担当者によると、トッピングでライスを食べたり、お酒のおつまみにしたりと、さまざまな楽しみ方がなされているんだそうです。

食べてみたい!



一風堂『3400円ラーメン』を食べられる場所は?

話題の3400円ラーメンが食べられる場所は、外資系高級ホテル『ザ・ペニンシュラ東京』のルームサービス。

ザ・ペニンシュラ東京

 

商品名は「ザ・ペニンシュラ東京”マイラーメン”by 一風堂」(税別3400円、別途サービス料あり)。

 

試食会の行われた「ザ・ペニンシュラスイート」の1泊の料金はなんと驚きの200万円!

 

1泊200万円って…!

ラーメン3400円で驚いてる場合じゃないですね^^;

 

広さは347平方メートルで、客室の中にプライベートジムや書斎、茶室などがあるのだそう。

さらに、宿泊者には24時間体制でバトラー(執事)が付くとのことです。

 

世界が違う…!

 

もちろん全部屋がこんなに高いわけではありませんが、それでもぼくが3400円ラーメンにたどり着く日はこなさそうです…。

 

一風堂『3400円ラーメン』に対する世間の声・感想

一風堂『3400円ラーメン』に対する世間の声や感想を集めてみました。

「3400円ラーメンが気になる!」という声や「ペニンシュラなら納得の価格」と言った声が多かったです。

 

 

 

 

 

 

こんなラーメンならなんだかんだみんな気になりますよね。

 

一風堂『3400円ラーメン』の中身が気になる!感想も集めてみた!に関するまとめ

今回は、一風堂の3400円ラーメンの中身と食べられる場所、世間の声や感想を見ていきました。

 

3400円のラーメン…食べてみたい…。

 

 

おしまい。



-政治・ニュース

Copyright© nikoじゃーなる , 2020 All Rights Reserved.